毛蟹はカニ味噌が濃厚で好まれている蟹ですが大きさ的には他の種類の蟹よりも小さいため、誤った選び方をしてしまうと、身が詰まっていないものを選んでしまうことがあり美味しくないです。毛蟹の正しい目利き方法をお教えいたします。お店で買う場合は、重さをポイントにしてより詰まっているものをチョイスすればよいですが、通信販売で買う場合は、品質管理をきっちりと行っており、過去の実績のある販売元を見極めることが、成功の秘訣です。

オイシイかにを通販で買えるのは便利ですが、注意点の一つとして、予想よりも大量のかにが届いてしまったという話を聴きます。

産地に行ったり、鮮魚店に行ったりして買ったなら、箱の大きさや、その中にどのくらい入っているかも把握できるので、食べきれる量しか買わないのが普通です。

けれども通販では、どんな大きさの箱に何頭入っているかはわかりにくく、とても食べきれない量を注文し、届いてから一週間は毎日かにを食べていたという話は結構あり得る話なので、注文前に大きさや頭数をよく確認してください。味の良い蟹を堪能したい、そんな時の手段として店や通販で売っているものを買う以外にも、温泉に行き、現地で食べるという奥の手があります。

中には蟹で有名な温泉地もあるからです。温泉地の中でも蟹が多く獲れるところの周辺に出向いて行けば、蟹と温泉両方が楽しめるシーズンもあるでしょう。しかし注意点が一つあり、温泉であればシーズンは関係ありませんが、蟹の場合はオフシーズンもあるので旬の時期を狙って行ってください。

美味しい蟹が獲れる地域は限られています。

でも、今では、訳ありズワイガニ通販がメジャーになったので、誰でも手軽に旬の蟹を取り寄せることができます。

蟹にも色々あります。たとえばタラバ蟹や格安毛蟹などが有名なんですが、私が最も御勧めするのはズワイガニ5kgです。これは最も蟹本来の美味しさが前面に出た品種であり、蟹の身が持っている「甘み」がたっぷり詰まっています。

ズワイガニ5kgには地域ごとに各種の種類があり、場所や時期によって味のグレードが左右されるので、ブランド蟹を選ぶとよいでしょう。

たとえば越前ガニ、松葉ガニなどです。冬を代表する食べ物にも色々あると思いますが、私の1番はなんと言ってもかにです。かにの出荷量1位を誇る地域から、小売業者や問屋などを介さず注文したいですね。

通販のかには種類が多く何をポイントに選べばいいのかわかりませんが、通販でかにを買うときの選び方の、ポイントは3つです。

何といっても最初に考えなくてはいけないのは当然かにの獲れた場所、つまり産地ですね。産地によっては同じ種類のかにでも呼び名が違ったりしますが、名産地であれば、獲れたてのオイシイものが手に入ることは確かです。2つ目のポイントが、なるべく複数の業者を介さずに直接送って貰うことです。鮮度が断然違ってきます。

そして3点目がお店を選ぶのに口コミやレビューを参考にすることです。これらを元に購入すれば、失敗する確率は低くなると思います。

ズワイガニ(オスとメスではかなり大きさが違っていて、オスには産地などにより、エチゼンガニ、マツバガニという名前が、メスにはコウバコガニ、セコガニなどと別の名前が付けられていることが多いようです)のメスはセコガニという名称で呼ばれる事があります。地方により様々で、セイコガニ、香箱ガニといった呼び方もされています。

オスの場合は、カニ味噌部分も好まれますが、大方は脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにして頂くことが世間一般では多いです。反対に、雄より小さいセコガニは脚の身も当然少ないのですが、味噌、内子、外子の間が絶妙なバランスで、むしろ、こうしたところをゆがき、いわゆる「珍味」として好まれることが多いです。

店頭とちがい、いくつもの通販業者から選ぶことができる訳ありズワイガニ通販。利用の際には、誰だって一番良い業者を選びたいに決まっていますが、どのような業者を選べばいいでしょうか。

詐欺まがいの業者はともかく、ちゃんとした業者なら、質の良い蟹だけを仕入れる「目利きのプロ」がいて、このプロフェッショナルが責任(きちんと取れるのが社会人であり、大人であるといえるかもしれません)をもって蟹の産地まで出むき、厳しい査定をクリアした、優良グレードの商品だけを買い付けてきます。

つまり、プロのお墨付きというわけです。

本当にお客さんのことを考え、品質第一をポリシーにしている業者を選ぶのがポイントです。

ズワイガニ 5kg 通販もピンキリなので、慎重に選びましょうね。毎年楽しみにしている蟹の季節がやってきました。

何より蟹が大好きな私。

新鮮で美味しい蟹を味わうために、休暇をとってはるばる北海道を訪れるのが、ここ数年の習慣になっているのです。私が毎年必ず足を運ぶのは、昔からの知り合いのお店でもある、函館にある蟹専門店です。

その店では、旬の蟹をいかした各種の料理に存分に舌鼓を打つことができます。今年もそのお店に行くのが楽しみです。高級とされるブランド蟹にもいくつもの種類があって味がちがうので、蟹を食べなれていない方は、色々な蟹を食べ比べてみるのも一興ですね。特に美味と言われ、人気のある蟹といえば、まずはズワイ蟹です。この蟹の特質としては、身には強い甘みがあり、蟹味噌も濃厚でオイシイです。最も蟹らしい蟹といえるでしょう。

また、ツルツルした甲羅と、小ぶりなサイズが特質の一つだといえるでしょう。

紅ズワイガニ(オスとメスではかなり大きさが違っていて、オスには産地などにより、エチゼンガニ、マツバガニという名前が、メスにはコウバコガニ、セコガニなどと別の名前が付けられていることが多いようです)は、ズワイガニ(オスとメスではかなり大きさが違っていて、オスには産地などにより、エチゼンガニ、マツバガニという名前が、メスにはコウバコガニ、セコガニなどと別の名前が付けられていることが多いようです)の代用ともっぱらの評判ですがそれは思い込みかもしれません。紅ズワイガニ(オスとメスではかなり大きさが違っていて、オスには産地などにより、エチゼンガニ、マツバガニという名前が、メスにはコウバコガニ、セコガニなどと別の名前が付けられていることが多いようです)の当たりはなく味がよかったとは言えなければそれは気の毒です。

オイシイ紅ズワイガニ(オスとメスではかなり大きさが違っていて、オスには産地などにより、エチゼンガニ、マツバガニという名前が、メスにはコウバコガニ、セコガニなどと別の名前が付けられていることが多いようです)を食べたことがないのですから。

新鮮な紅ズワイガニ(オスとメスではかなり大きさが違っていて、オスには産地などにより、エチゼンガニ、マツバガニという名前が、メスにはコウバコガニ、セコガニなどと別の名前が付けられていることが多いようです)の味と言えば、実にオイシイかにです。

新鮮でないとおいしくないのも事実で誤解が生まれるのも仕方がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です